MeltingPot

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「博士の愛した数式」

<<   作成日時 : 2006/02/16 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やっと観に行きました。

渋谷の、ちょっと行き慣れない場所の映画館での上映。
仕事終わってギリギリの時間だったし、雨降ってたし、なんかややこしい場所だったので、ちょっと焦った。映画館は、ガラガラで、席も選びたい放題。後ろ目だったけど、真ん中に席を取れて、快適でした。

映画は、きれいな音楽と、映像で、役者達も小説の良い雰囲気を醸し出していました。

ただ、小説を読んで、色々イメージができてしまっていた私は、自分のイメージと違った情景にちょっと違和感を感じてしまったりもした。そして、ストーリーテラー役の大人ルートも、吉岡秀隆だと、Dr.,コトーか、純くんかって感じだったし、内田有紀と結婚して離婚した男だってなイメージもつきまとい、映画の世界にちょっと水をさされたりもした。

そして、なにより、阪神タイガースの観戦が差し替えられていたし、最後のパーティの博士へのプレゼントも、変わっていて、なんかがっかりでした。物語がその分うすっぺらくなっちゃった。博士のプロ野球カードのエピソードも、あの程度だと伝わらないよぉ〜って思ったりもして。

自分で映画を作る力なんて持ち得てないけど、私だったらこう演出したいってのが浮かんで来たりして、ちょっと残念な出来でした。そして、のんびりゆったりとした物語の流れの中で意識を失うことしばしば・・・。不届き者かな、私。(昔、父と妹と「ぽっぽや」を観に行って、号泣する妹の横でグーグー居眠っていて、顰蹙をかったことを思い出した。)ゆったりのんびり叙情的な話は寝ちゃうんかもしんない。

色々、映画の限界とか、イメージの映像化のギャップとか感じましたが、世界観とかはうまく表現できていたのではないかと思います。人物の深みをあまり感じられなかったのは、私の感性の問題かな?

桜の季節が待ち遠しくなりました。

帰りに、久しぶりのカレーをお腹いっぱい食べてきました。(ご飯も食べた(^o^))

おやすみなさい〜@

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「博士の愛した数式」 MeltingPot/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる