MeltingPot

アクセスカウンタ

zoom RSS 従妹の結婚式

<<   作成日時 : 2006/09/19 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

帰ってきました。

いやぁ、今日は長い一日でした。

京都からの新幹線。ず〜っと携帯でメールを打ち続けていたら、電池の目盛りが1つ減りました。今朝、満タンにしたばかりだったのに。

一旦、荷物を持ち帰るために家に帰り、その間に携帯もまた充電し直していました。で、着替えやメイクのセットを持ち、美容院の予約時間に間に合うように家を出ました。・・・う〜ん。なかなか髪型も良い出来♡

着替えるのが楽しみになりましたもん。

ゆっくりじっくりセットしてもらっている妹を待ち、親がとってあるホテルに向かい、着替えました。狭い部屋に両親と弟と祖母が既に到着しており、そこに私と妹が加わった混み合った状態で、バタバタとおきかえ。そして、化粧の仕上げ。

なかなか、人のことを誉められない父に「馬子にも衣装」だと言われました。ホントだったら、腹を立てるべき言葉なんでしょうが、この人のこの言葉は、誉め言葉として受け取れると思うので、素直に喜んでおくことにします。ヨシヨシ。

ホテルのすぐ隣が結婚式場でした。
建物まるまる使ってできるような結婚式場。ハウスウェディングっていうのかな?なんか、素敵なところでした。ホームパーティのような感じ?

待っている間も、サロンでくつろいでいるような感じ。
親族で参加する結婚式は、なんか気楽でいいですね。
友達だと、緊張しそうですが、親族だと、知り合いの数が多いので、居やすい感じがしました。

親族の集合写真→親族紹介→人前式→フラワーシャワー→披露パーティってな流れでした。

親族写真も、なんか久しぶりな感じ。
いとこ仲間で固まって、写りました。弟の横だと、顔が小さく見えるかなと考えていましたら、同じコトを考えていたうちの妹にそのポジションを取られてしまいました。チッ。

親族紹介。まずは新郎の側から。新郎の父より、カンペを見ながらも、親族1人ずつの続柄や、所属などが紹介されました。そして新婦の父からの新婦側の紹介。私は、自分の職業について聞かれていないなぁと一抹の不安を感じつつも、ま、きっと親から伝わっているのだろうとその不安を打ち消してみていましたが、不安は的中!ま〜ったく予習をしていなかったらしく、おじさまは、焦りながら、そして、自分の兄弟の名前や、職業までとっちからかる始末。あ〜あ、という感じでした。ほほえましくはありましたが。果たして、新郎側はあれで許していただけたのでしょうか???

人前式も、進行の決まりがあるからね。司会者の進行に従って、滞りなく終わりました。従妹の花嫁姿は、とっても可愛かったです。もともと小柄で、パッチリとした目のカワイイ子でしたけどね。この日はもちろん、いつも以上の魅力で輝いていました。

パーティも和やか。
それぞれの主賓のご挨拶に乾杯、友達の代表の挨拶。
そして、新婦の父と友人のバイオリンの二重奏。またまたおじさんの出番です。主旋律は従妹の友人が美しく演奏していましたので、おじさんは、その深みを出す役割。一生懸命、イッパイイッパイの中で演奏されていました。とちって、止まったりもしましたけど、良かったです。花嫁の父からのバイオリン演奏のプレゼントってなんか良いですね。口べたなお父さんが、気持ちを込めて演奏してくれてるなんて考えたら、それだけで涙が出ちゃいそう。

そして、食事も美味しかったです。
写真を撮ろうとしていたんだけど、一皿ずつとっても、なんかあまりうれしくなかったから、撮るのやめた(笑)。それに、妹や父もカメラでパシャパシャ撮りまくっていたので、ま、いっかって思ってね。

いやぁ、美味しかった。

デザートがビュッフェで、色々なケーキやゼリー、プリン、焼き菓子、果物がビュッフェテーブルに並び、とっても目移りしました。んで、2回、行っちゃった♡イカンイカンって思いつつも、後悔したくなくてね。全種類を食べることはできませんが(当たり前)、ケーキ2種類(マンゴーのとパッションフルーツの)、ボストック、プリン、ウェディングケーキなどを食べました。ケーキがズラーって並んでいるのが可愛かったぁ♡

なんか、ホントに全体的に素敵でした。

新郎も優しそうな人です。
叔母は、地味な人だと言っていましたが、そんな地味なタイプでもなく、優しそうで、気持ちよさそうな青年でした。親戚づきあいしていくのが楽しみだな。

でも、年下の従妹が結婚して家庭を持つというのはなんかあまり実感がありませんね。不思議な感じです。しかも、7つも年下の従妹。赤ちゃんだった頃から知っていますからね。不思議。

パーティの時に流した幼少の頃からの写真もよかったなぁ。
従妹の従兄が編集してくれたみたいですけど、写真の中には、祖父母の家に集合した親戚の写真があったりして、なんか嬉しかったなぁ。亡くなったおじいちゃんも何回も登場していたりして。見ていたうちの親戚陣はのきなみ感動したんじゃないかなぁ。孫のことが大好きで、毎晩、全ての孫達と電話で喋ろうとしていたおじいちゃんですからね。末孫の結婚式はとっても気になることでしょう。喜んでくれてたかな?

おばあちゃんが最年長で岡山から上京して出席していました。おばあちゃんも、足が悪かったり、外に出るのが大変ですが、何がなんでも来たかったみたい。いいね。私も、おばあちゃんが元気な(?)うちに、お呼びしたいものです。

親戚の中では、「次」は、年長の私ではなく、うちの弟の式であるともっぱらの噂でした。失敬な。あ、でも、多分現実的に一番近いのはうちの弟でしょうね。うまく行くといいなぁ。私もがんばろ。

うちの両親だけ、子どもの結婚式をまだ体験したことがないんですよね。なんか気の毒になってきました。自分がどうでなく、親のことがね、心配にもなります。うん。

ま、焦ってもしょうがないことではありますが。

年下の従妹の結婚式に参列して、ちょっとやる気になった所で、見合い用のスナップを撮ってもらいました。現像して、使うことにします。

いつ、どんな風に使うかはわかりませんが、とりあえず、母サイドでは、2件の見合い話があるらしいです。ちょっと年は上の人ですが、贅沢は言えませんからね。お話があるなら、会ってはみようかなと思っております。

ではでは。こんな感じで。

おっと明日はテニス?
用意していかないと。

じゃ、また明日付け加えますね。
おやすみ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
従妹の結婚式 MeltingPot/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる