MeltingPot

アクセスカウンタ

zoom RSS 和太鼓

<<   作成日時 : 2007/06/24 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

突然誘われて、行ってきました。

公演とかじゃなくて、練習に

もう7,8年前になるかなぁ。お芝居が好きでしょっちゅう観に行っていた頃なのですが、ある年のお正月明け。お正月の帰省から少し早めに戻ってきて新宿の劇場で観たお芝居で、役者さんたちが和太鼓を披露してくれたものがありました。

劇中でも取り入れられていたのですが、最後のカーテンコールでも演奏してくれました。

お芝居から切り離された和太鼓の響き。大太鼓、小太鼓、特大のものもあったカモ。複数の人々が息を合わせて音を合わせていく。メロディはなく、リズムだけの響きだけど何か伝わってくるものがある。とても原始的なもの。演奏者はみんな、諸肌脱いで汗を飛び散らせながら渾身の打ち込み。知らず知らず感極まって涙が出ていました。人間ってスゴイ!!

こんな体験があり、和太鼓に興味をもっていたのです。

それが、突然友達が「興味ない?あるなら練習見に来ない?」と誘ってくれ、ちょうど暇な一日だったのもあるし、最近余力ができていたので、ほいほいと見に行ってきました。

10代〜50代くらいの人々まで。指導者的なポジションの人、みんなをリードできる腕前の人、始めたばかりでも一生懸命口伝を覚えようと休み時間にも練習している人。みんな、ホントに太鼓が好きで、取り組んでいるんだなぁと。

私はずっと練習の風景を近くで見させてもらっていました。
大太鼓の低い音が胸にドンドンドンドン響いてくるのが、最初はちょっとボリュームが大きすぎる感じがして怖かったですが、すぐに慣れました。

休憩時間には私も少しバチを借りて叩いてみましたが、案外音が出ない物。しっかりと腰を据えて打ち込まなければいい音は出なさそうです。気恥ずかしさもあり、しっかり打つことはできなかったけど、周りを気にせずに思いっきりノビノビと打つことができたら気持ちいいだろうなと思いました。

仲間たちもとても気持ちいい方々な印象で、この中に混じって太鼓を練習したらまた新たな発見や出会いや生活が待っているのだろうとも思いましたが、なんか中途半端な気持ちでは入り込めないような気がして、仲間に加わるのは今回は辞めておこうと思いました。

それこそ、しっかり型を覚えようと思ったら、ダイビングにも行けないし、友達との交流も減らさなければならないだろうし、ジムやピラティスにも行けなくなる・・・ってそう思ったモノで。

もうちょっと気楽に、真剣にやっている人々に迷惑にならないような形で始められるところがあれば、やってみてもいいかも、と思いました。

1つまた興味のあることを体験できた一日でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和太鼓 MeltingPot/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる